小顔をメイクするボトックス注射【ドクターの技術力が出る】

女性
  1. ホーム
  2. 骨を削らずすっきりと

骨を削らずすっきりと

看護師

ドクター選びが重要な施術

どんなに一生懸命頑張っても顔が大きく見えてしまうなど、悩みを抱えている人がいます。女性にとって小顔は憧れであり、モデルさんのような小顔になりたいという人がたくさんいます。小顔をつくる為の方法は色々ありますが、なかなか効果を感じにくく、一生懸命マッサージなどしたけれど見た目が変わらないと嘆いている人もいるのではないでしょうか。特に顔が角ばって見えるエラ張りは、顔が四角くベース型の様に見えてしまうこともあり、全体的にバランスが悪く見えてしまうでしょう。そこで紹介するのが美容外科クリニックでのボトックス注射です。このボトックスはボツリヌス菌からつくられたたんぱく質の一種であり、筋肉の動きを鈍くする効果を持っています。筋肉は使えばどんどん大きくなりますが、その逆でボトックスの効果で動かなくなった筋肉はどんどん小さくなるでしょう。その為、このボトックスの効果を利用することでエラ張りの原因である筋肉を小さくし顔を小さく見せることが出来ます。小顔の施術いうと骨を削って小さくするというイメージがありますが、エラが張っている場合、その多くが筋肉による場合が多く、ボトックス注射だけで簡単に改善することが出来ます。その為、全体的なバランスも良く見え、きれいなスタイルをつくることが出来るでしょう。モデルさんの様な小顔も夢ではありません。また、美容整形と聞くと少し躊躇してしまう人もいますが、ボトックス注射はプチ整形とも呼ばれ、美容整形の中ではメスを使わず簡単な施術の分類に入ります。その為、手軽に施術を受けやすい施術です。ボトックス注射は小顔づくりに大変効果的で簡単な施術ですが、いくつか施術を受ける上で注意点があります。まずどんな施術であっても副作用というものがあります。ボトックス注射は副作用が少なく、安全性が高い施術ではありますが必ずしも副作用が無いとは言い切れません。ごくまれに副作用が出てしまう場合もあるので覚えておくことが大切です。主な副作用としては、患部の痛みや表情の違和感があります。患部の痛みは注射時のチクッとした痛みの他に、薬剤を注入した際の痛みがあるでしょう。通常であれば我慢出来るほどの痛みですが、痛みに弱い方やクリニックによっては事前に麻酔をしてくれるところもあります。また、施術後少し痛みが出る場合もありますが一時的なものであり、時間の経過と共に緩和するでしょう。表情の違和感はボトックスの効果が強く現れた際に起きてしまいます。通常ボトックスを注入する際はドクターが量や注入位置を判断して注入しますが、その量が多すぎてしまうと筋肉に効果が出過ぎてしまい表情の出しにくさを感じてしまう場合があるでしょう。この場合も永久に副作用が残ってしまう訳ではなく、一時的な場合がほとんどなので気になる症状がある場合はクリニックで相談してみましょう。また、ボトックス注射はドクターの技術力が出やすい施術です。副作用を回避し小顔をつくる為には、きちんとした量や位置を調整出来るドクターを選ぶことが大切です。やはり評判の悪いドクターでは安心して施術を受けることが出来ません。その為、どの様なドクターがいるのか事前に調べる様にしましょう。